News Letter from Brisbane

保護者様へお知らせ

学校感染症(第2・3種)の診断書及び証明書の提出について

 以下の疾病は学校感染症の第2・3種の指定されているため、もしこの疾病に罹患され学校を欠席した場合は「公欠」となります。 そのためには標記の「証明書」が必要となります。「証明書」は本校のホームページからダウンロードされるか、または、保健室に取りに来られて、医師による証明を受け、担任の先生にご提出ください。
 
【学校感染症】
第2種:インフルエンザ、百日咳、麻疹、風疹、水痘、咽頭結膜熱、結核
第3種:コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス
流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎、その他医師が認めた疾病

ダウンロード「学校感染病(第2・3種)の診断及び証明書」
学校感染病(第2・3種)の診断及び証明書  Wordのダウンロードは こちら
学校感染病(第2・3種)の診断及び証明書  PDFのダウンロードは こちら

また、平成24年4月より下記の感染症の出席停止の期間の基準が次のとおり改正されました。
インフルエンザ: 「解熱した後2日を経過するまで」
→ 「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」
百日咳: 「特有の咳が消失するまで」
→ 「特有の咳が消失するまで又は、5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで」
流行性耳下腺炎: 「耳下腺の腫脹が消失するまで」
→ 「耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで」