News Letter from Brisbane

研修3日目 7月14日(月) ブリスベンの天気:曇り時々晴れ

今日から生徒たちの英語研修がシャフストンカレッジで始まりました。朝は早いホストファミリーだと7時過ぎにはカレッジまで送ってくれたり、大体の生徒が8時15分までにはカレッジ内の109教室に日記を持って集合しました。
週末をホストファミリーと有意義に過ごした者や、ホームシックにかかって引率教員に電話をかけてくる生徒も数名いましたが、ほとんどが元気に登校しレベル分けのテストが始まるまで週末の出来事を語り合っていました。中には、同じステイ先に台湾人学生がいて、その方にブリスベン市内を案内してもらったり、親戚の農場で乗馬体験をしたり、英語の手話を覚えてきたり、思い出の地であるゴールドコーストまで連れて行ってもらったりしたようでした。
しかし、数名はホームシックにかかったり、なかなかホストファミリーと馴染めないで悩んでいたようでしたが、引率スタッフ3名で44人分の日記を読みコメントを書いてあげたところ、本校・山形の両生徒たちは喜んで読んでいました。中には英語でコメントをもらうこともあり一生懸命コメントを読んでいました。

レベル分けテストは8時45分〜9時45分までの1時間で英語の『英作文』『文法問題』『スキャニング問題』『読解問題』『文章構成問題』などから構成されていて、すべてのセクションで容易なものから難しいものまで用意されていました。その後に3つのレベルに分かれてそれぞれの授業を受けていました。

昼休みはキャンパス内にあるカフェテリアや芝生、ベンチなどでホストファミリーが作ってくれたサンドウィッチなどを食べながら思い思いに楽しそうに過ごしていました。中でも本校生徒と山形の生徒同士が一緒に昼食をとっていたのが印象的でした。
午後の授業は14:45までで、その後は芝生でボール遊びをしたり、自主学習室で勉強をしている生徒もいました。そして、最終のホストファミリーが迎えに来る17:30まで本校と山形両校の生徒同士が交流を図り様々なことを話したり、今日の夜に作ってあげる日本食を近くのスーパーに行ったり、スポーツをして過ごしていました。


キャンパス内で
バレーボールをする生徒達

試験後にリラックスして
「ハイ、チーズ」

<前の日 | 次の日>