News Letter from Brisbane

研修6日目 7月16日(水) ブリスベンの天気:雨のち夕方から曇り

今朝のブリスベンは本格的に雨がふっていたので、昨日より肌寒く感じる一日のスタートでした。生徒たちは時間までに全員が登校し、引率教諭の顔を見てホットしている感じさえしました。そろそろホームシックにかかってくる頃です。生徒たちには、今週を乗り切れば、あとは楽しくて帰りたくなくなるように思えるから頑張りなさい、と励ましています。
午前中のESLでは、以前にお知らせしましたが、とあるクラスでは”No Japanese”が実施されているほど充実しているようです。実際に生徒から聞いた話であり、ESLの先生からも耳にしたことです。殊勝な心がけです。ぜひ、他のクラスでも心がけ次第で実行できる事なので心がけてほしいです。

昼休みになると、ホストファミリーからもらうランチボックスでは足りず、カフェテリアでchips(フライドポテト)やsandwiches(サンドイッチ)を自分で買って美味しそうに頬張る光景も見られます。買い物も英語でしなければならないので、一つの楽しい体験学習です。このところ、生徒たちは疲れてきたようでランチボックスはmorning tea break(朝のお茶の時間)で空になってしますようです。
本日の午後は、教室を移動して3クラス合同で映画を見て勉強しました。2時50分に授業が終わり、放課後の時間は思い思いに過ごしていまいした。 日を重ねるごとに44人の生徒同士が懇意になっていくのをみていると、互いに”Good morning”や”See you tomorrow”などの挨拶が英語で交わされているのに気づきました。また、彼らは英語圏での生活の基本である”please”や”excuse me” ”I’m sorry.”の重要性に気づいているようです。日々の経験を通してこのような言葉が口から出るようになり、成長していく様子が伺えます。


学内の「英語だけしかダメ」掲示板

昼休みのカフェテリア

<前の日 | 次の日>