News Letter from Brisbane

研修15日目 7月25日(金) ブリスベンの天気:雨のち曇り

今日でシャフストンインターナショナルカレッジでの語学研修は終了です。
午前中は午後のフェアウェルパーティーでの出し物の練習とESLを受け、午後は最終確認の為に3度も’サイモンセズ’、’なぞなぞ’、’ウォールチングマチルダ合唱’をクラスごとに練習をしました。パーティーは210教室でしっかり飾り付けされた中でRayの元で4時から始まり、初めにRayからのスピーチ、次にESLの先生達からクラスの生徒達一人一人に修了証書を手渡され、クラス毎の出し物を披露してから次に感動のシーンがありました。

それは、生徒たちが作った寄せ書きと本校からと山形高校からのプレゼントを代表生徒が渡した瞬間でした。先生たちはそれと知らずにいたので、受け取ったプレゼントを手に取りとても嬉しそうにし、目に涙を浮かばせていました。生徒も何人かがとても感動し、涙を流しそうになるのをこらえていました。
この次に、44名の代表である2年生男子が全員の前で立派に英語のスピーチをし、そこではホストファミリー達も感動していました。非常に良いスピーチでした。後日、彼が作ったスピーチを紹介するつもりです。
最後に、2週間、生徒が授業を受けている時間帯に他のクラスで様々な国の人達と授業を受けていた引率教員も修了証書を授与され、終了しました。この後、1時間程度カフェテリアで立食形式で軽食をつまみながらお互いが語り合っていました。とても和やかな雰囲気でした。

保護者の皆様へ事務連絡ですが、7月28日は予定通り行けば名鉄岐阜駅へ21:45着のミュースカイになります。生徒たちも迎えに来てくれるか心配しているようなので、是非迎えに来ていただき一回りも二回りも成長した姿を見てあげてください。


サイモンセズを行う生徒達

ウォルチングマチルダを歌う生徒達

堂々とスピーチする代表生徒

立食パーティーでの生徒達

<前の日 | 次の日>