News Letter from Brisbane

7月28日(月) ブリスベンの天気:晴れ

さて、今日は帰国の日です。朝6時までにシャフストンインターナショナルカレッジにホストファミリーと車で送られてきて、涙ながらのお別れをしている光景を見かけました。いつまでも一緒に家族でいたいと思う気持ちで記念撮影をし続けていると出発の時間がきてしまい、バスで一路ブリスベン国際空港に向かいました。

バスの中は思い出話で大騒ぎ、とても朝6時台とは思えないほどでした。空港に着き、チェックインを済まし、X線検査場は大混雑で全員が通過するまでに30分以上かかり搭乗ゲートに全員が集合できたのが搭乗時間15分前でした。そこでもずっと思い出話が尽きない生徒たちでしたが、飛行機に乗るとお腹が減ったのか朝食を待ちわびている様子でした。
機内では、本校と山形の生徒たちが一緒に座る光景も見られ、メールアドレス交換などをおこなっていました。また、途中で南北2000キロ以上もあるグレートバリアリーフの上空を通り、無心になり写真を撮り続ける生徒たちの姿もありました。
来年は生徒たちを一度グレートバリアリーフにも連れていけると世界遺産の素晴らしさを体験できるのではないかと思いました。8時間15分程度のフライトで成田空港に到着し、名古屋行の飛行機に乗り換え定刻通りに飛び、名鉄特急で21時45分名鉄岐阜駅に到着しました。

保護者の皆様、本ホームページを支えてくださった皆様、18日間何事もなく無事に帰国できたことをここにご報告申し上げます。


航空写真

グレートバリアリーフ航空写真

飛行機の中でくつろぐ様子

機内食(fish or meat?)I will take fish.

<前の日